コインチェック:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」の対応方針を発表

😙 2019年時点で最もよく使われているDApps開発用のプラットフォームはイーサリアムですが、イーサリアムにはスケーラビリティ問題によるトランザクション遅延という問題があります。

8

コインチェック:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」の対応方針を発表

👐 逐次、状況をお知らせいたします。 9ブレイクで上場高値からの半値戻しが見込めるのではないかなぁと見ています。

IOSTホルダーへエアドロップのDonnie FinanceはPumpkin Pumpの再来?

😙 次の値動きとしては(2020年9月以降〜10月)、下値を試してからの上昇へと向かうシナリオを立てられます。

3

IOSTホルダーへエアドロップのDonnie FinanceはPumpkin Pumpの再来?

⚐ 通貨の知名度向上などを目的として、無料で暗号資産 仮想通貨 が配布されるイベントです。 」と「Donnie Finance」は、2021年2月25日17時頃に実施されるスナップショット時のIOST保有量に基づいて「Donnieトークン(DON)」を配布する予定であることを発表していますが、 コインチェックは今回の発表で『本エアドロップにおいては参加しない方針です』と報告しています。

3

【IOST】将来性が高すぎる件

👀 プロダクトは実需を生み出す。 Binanceユーザーへの配布が完了したら、さらに発表を投稿します。 。

1

IOST保有者 エアドロップ参加方法と取引所!Donnie(DONトークン)の将来性・チャート分析!|SACHI@とんがりコイナー🔺|note

😃 EOS(イーサリアムの400倍の処理速度を誇る)の10倍も分散化したブロックチェーンに作り変える技術を備えており、昨年イーサリアムがDappゲーム「CryptoKitties(クリプトキティーズ)」などの人気で、トランザクションの渋滞が起こり、思わぬ送金手数料になってしまった経歴からも期待が膨らんでいます。 仮想通貨において 日本取引所への上場は大きな資金流入が起こるきっかけとなっています。 単純計算で約133倍の処理速度を誇っています。

20

IOST保持者に向けたDonnieトークン / $DON のエアドロップ詳細が判明

☮ あくまで一時的な上昇に過ぎないので注意は必要ですが、一時的な購入の目安になるかもしれません。

12

コインチェック:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」の対応方針を発表

👣 そのため、 当記事を読むことでIOSTの将来価格の予想から期待が寄せられる根拠について把握できます。 こちらもチャートの動きを注意深くチェックしつつ攻略していきましょう。 安全性や正確性が重視される金融業界において、IOST独自の「PoB」は非中央集権化や処理速度の速さ、セキュリティの高さに手数料の安さなど、非常に多くの利点があるとして活用され始めています。

1

仮想通貨IOSTの将来性はホンモノか?2021年と今後の価格動向

😄 価格も1IOST=1円程度で購入出来るので、気軽に投資できる価格帯というのもメリットの一つでしょう。

3