第47回 絵本『ちびくろサンボ』と黒人差別―「サンボ」という言葉

🐝 これからもどうぞ宜しくお願いします。

2

「トラが木の周りをぐるぐる回ったらバターになる」が通じない世代【ジェネレーションギャップ】 | ガジェット通信 GetNews

💅 とても素晴らしい。 そんな私は民主党政権になる前に政治の異常さに気づき、周囲に警告を発してきましたが…。

15

「トラが木の周りをぐるぐる回ったらバターになる」が通じない世代【ジェネレーションギャップ】 | ガジェット通信 GetNews

✔ ぜひ『ちびくろさんぼのおはなし』も手に読んでみてください。 なぜ、この本の出版に対して、これほど強い圧力がかかり、当時の出版社が一斉に販売を取り止めるほどになったのでしょう。 どんなお話かというと、かわいい男の子「さんぼ」がジャングルでトラに出会い、何度も食べられそうになったとき、それぞれ機転をきかせ生き延びるというもの。

19

絶版からよみがえった絵本『ちびくろ・さんぼ』そのあらすじとは?

✇ トラたちはさんぼが読んでいる本がおもしろいので、読み終わったらさんぼを食べようとします。

17

ちび、くろ、サンボ、黒んぼ、ニガー、がに股、片輪、不具

👋 チビ黒サンボもこの会がクレームを付けてきたのを各出版社がビビッて絶版になったと記憶しています。 例えば2019年、バージニア州知事やカナダの首相がそれぞれ、学生時代に顔を黒く塗ったことを認めて謝罪した。

15

ちび、くろ、サンボ、黒んぼ、ニガー、がに股、片輪、不具

😎 1974年には児童文学家のが「おやすみなさい『ちびくろ・さんぼ』」において、差別的であると指摘しているが、やによる「良書である」という評価が優勢であり、大きな動きにならなかった。 そして木の上からぽたり、と大きい涙が落ちてきました。 日本人が、正気を取り戻しつつあるのだと考えたいですね。

13

楽天ブックス: ちびくろ・さんぼ

💙 けれど黒人差別的だとの抗議があり(世界的にもそういう動きがあった)、1988年、事実上すべての出版社がこの絵本の出版を自主的に取りやめてしまうこととなりました。 表現とは、ほんとうに難しいですね。

これほど親しまれ憎まれた本はなかった 発刊から120年、ちびくろ・さんぼと黒人差別(南龍太)

😁 『ちびくろサンボよすこやかによみがえれ』径書房、1999年6月。

15

『ちびくろ・さんぼ』は名作絵本。大人にとっては懐かしい作品

🤚 相手を食べてしまおうと、あいかわらずお互いのしっぽをかんだまま、木の回りをぐるぐると回るばかり。 この紫の靴をあげるから。 日本では、1953年に出版された岩波書店版が初出とされている。