【法改正で2022年4月~施行】「在職老齢年金制度」の仕組み & 収入月額がいくらで「年金支給停止」になるのかを確認

🙄 そこで今回は、公的年金、特に法改正される「在職老齢年金制度」の仕組みをおさらいし、そのうえで法改正がどのような内容で、受給者にどのような影響があるのかを見ていきたいと思います。

5

在職老齢年金 報酬額が変わったら年金額はいつから変わるのか・月額変更届(月変)・随時改定

☕ 厚生年金保険法 (資格喪失の時期) 第14条 第9条又は第10条第1項の規定による被保険者 [筆者注:厚生年金保険の被保険者]は、次の各号のいずれかに該当するに至つた日の翌日(その事実があつた日に更に前条 [筆者注:被保険者資格の取得]に該当するに至つたとき、又は第5号に該当するに至つたときは、その日)に、被保険者の資格を喪失する。 10年金担保貸付事業等の廃止 独立行政法人福祉医療機構は、令和4年4月以降、老齢、遺族、障害年金を担保または労災の年金給付を担保に新規貸し付けを行えなくなります。 しかし、65歳以上で年金と合わせて月47万円の給料をもらう人たちは、かなり高給取りになります。

2

在職老齢年金とは、政府が在職老齢年金の廃止を検討している?

🙂 これにより、令和4年以降に60~65歳となってからも働き続けた場合、基本月額と総報酬月額の合計額が 47万円以下なら年金が減額されません。 ・・在職老齢年金の見直しについて! はじめに 皆さんいつも「ライフデザイン」のブログをお読みいただきありがとうございます。

6

【令和2年 年金法改正】大きく変わる今後の「年金」12項目 「在職老齢年金」全額支給の要件緩和も

🙄 一方、平成30年 12月10日に再就職した場合(厚生年金保険の被保険者となる。 平成30年10月31日に退職した、このAさんの場合、平成30年12月15日に再就職(厚生年金保険の被保険者となる。

11

年金制度改正法【2020年5月成立】の概要をわかりやすく解説|50歳台で考える老後のお金

✔ 公的年金は将来的に今より2割ほど給付水準が下がるようになる見込みです。 公的年金は時々の環境変化に応じて、何回にもわたり大きな改正が行われています。 ただし、65歳未満では、この「在職定時改定」は行われず、現行のままになります。

4

【令和2年 年金法改正】大きく変わる今後の「年金」12項目 「在職老齢年金」全額支給の要件緩和も

🚒 69歳までは65歳時に計算した額でいきます。 65歳以上は合計月収47万円、65歳未満(60~64歳)は同28万円を超えると、超過分の半額にあたる年金額がカット(支給停止)される。

14

年金制度改正法【2020年5月成立】の概要をわかりやすく解説|50歳台で考える老後のお金

🐾 同じ給料、年金額で 一方は3万円カット、一方は全額カット。 停止額が増えると言うことは、当然支給される年金額が減る(このケースだと1万円)ということを意味するわけです。 50代の方に影響を及ぼしそうな事柄を中心に、年金制度改正法の内容の一部については、別途、記事でご紹介をしています。