「甲子園中止の本当の理由」など紹介…山中伸弥教授、コロナ独自解説の個人HP開設 : 医療・健康 : 読売新聞オンライン

😭 2012年にノーベル医学生理学賞を受賞した京都大の山中伸弥教授が、新型コロナウイルスの情報を個人で発信するホームページを開設した。

8

山中教授が新型コロナ対策で発信する「証拠の強さによる情報分類」|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

🤗 5人くらいに感染すると考えられています。 また民間検査会社や、各種研究機関も今以上に活用できないでしょうか。 ここで、山中教授は持論を展開しており、その内容が今までに無かった持論で、かつ、理にかなった内容でした。

11

解決すべき課題

😩 「自分にできることは、医学研究者として情報をできるだけ正確に発信すること」 多忙の合間を縫ってほぼ毎日更新している。

山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信

🤐 海外で治療薬やワクチンが開発されても、国内には入ってこないとか、入ってきても高額になるとか、そういったリスクも考えられる。 ・咳等の飛沫とドアノブ等を介しての接触で感染する。 ファクターXの候補 ・クラスター対策班や保健所職員等による献身的なクラスター対策 ・マラソンなど大規模イベント休止、休校要請により国民が早期 2月後半)から危機感を共有 ・マスク着用や毎日の入浴などの高い衛生意識 ・ハグや握手、大声での会話などが少ない生活文化 ・日本人の遺伝的要因 ・BCG接種など、何らかの公衆衛生政策の影響 ・2020年1月までの、何らかのウイルス感染の影響 ・ウイルスの遺伝子変異の影響 などが考えられます。

山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信

😒 提言3 目的を明確にした検査体制の強化 検査を国民全員に行うことは不可能です。 5程度まで下げて、感染者を出来うる限り減らすことが必要です。 メディアによる報道姿勢に疑問あり 西浦博・北海道大教授とのインターネット対談の中での発言と、「経済活動すべき/すべきでない」議論が結びつけられているのは、報道メディア側によるものです。

14

京大山中氏が新型コロナに警鐘、「研究ができるのも平和だからこそ」:日経バイオテクONLINE

👎 ・感染病床の増床 ・人工呼吸器や防御服の増産、自治体をこえた柔軟な利用 ・ローテンションなど、医療従事者の過重労働の軽減 ・医療機関による役割分担体制の整備 ・医療従事者の感染症対策に関する教育 ・緊急性の低い、他疾患に対する処置や手術の延期 ・抗体陽性者の活用 医師・看護師など医療従事者を、感染と過重労働から守る必要があります。

2

解決すべき課題

⌚ 巨額の寄付でコロナ対策や難病治療の進 展につなげる狙いだ。 3.感染した方への思いやり 誰にでも感染は起こり得ます。 しかし彼は、最初のHammerで時間を稼ぐことにより、様々な備えをすることができ、第2波を防ぐことが出来ると提唱しています。

15

iPS研究所の山中教授「最低1年は我慢を」 新型コロナ終息へ「専門外」でも情報発信続ける|社会|地域のニュース|京都新聞

💔 また感染の拡大を全国規模で把握するため、無作為抽出サンプルのPCR検査や抗体検査、さらにはビックデータの活用を早急に進めるべきです。 ウイルスとの闘いは待ったなしの状態です。 最後は、日本が欧米と比べて感染者が少ない理由を"ファクターX"と呼ぶ山中教授が、その正体をサワコに語りました。

14