クライゼン縮合

🙏 これは化学の世界でも、ずっとブラックボックス、つまり目でみることのできないものであると思われてきました。

9

クライゼン転位化合物とその合成装置

✍ ・優秀な人間は優秀な人材を呼ぶことができる。 (8)前記(2)から(6)のいずれかに記載の方法において、クライゼン転位後、回収水溶液に水を注入してデカンテーションし、油/水二層溶液に分離後、クライゼン転位化合物を含む油層を分液回収する簡易な連続分離法。 (3)触媒及び有機溶媒を用いない合成プロセスを実現できる。

工学部

👍 したがって、上記反応器としては、例えば、バッチ式の常温高圧装置又は高温高圧反応容器、及び連続型の流通式常温高圧装置又は流通式高温高圧反応装置を使用することができるが、本発明は、これらの反応装置型式に特に制限されるものでない。

6

クライゼン縮合

🔥 以下の例ではと組み合わせることで、Aspidophtineの不斉四級炭素を高効率的に合成している。 Barton Hepburn Professor of Chemistry at Princeton University. このことから、滞留時間143秒を最適滞留時間とした。 本発明は、香料、医薬品、食品として有用なクライゼン転位化合物の新しい大量生産プロセスとして、既存の生産プロセスに代替し得るものである。

18

研究者の研究:David W. C. MacMillan, 第一回

😈 このことは、生成物が水に溶解しない場合、反応終了後の油水分散水溶液に、水を更に注入することで、油水二層に変化してクライゼン転位化合物と酢酸水溶液を分液することができる。

クライゼン転位

✇ 圧力5MPaと10MPaの結果は誤差範囲と考え、圧力5MPaを採用した。

クライゼン転位化合物とその合成装置

🤟 ここで、クライゼン転位におけるヘテロ原子としては、酸素、窒素、硫黄が挙げられ、それぞれアリルエーテル、アリルアミン、アリルチオエーテルに対応し、更に複数のヘテロ原子が組合わされたアリル化合物も含む。

クライゼン転位化合物とその合成装置

🌭 は通常可逆反応であるが、Claisen転位の場合には生成系が原系よりも熱力学的に安定であるため、 不可逆的に進行する。 ただこの反応は非常に求電子性の高いケテンに限られていたようだ。

クライゼン転位とは

☭ その後、授業の一環で、たまたま物理分野の先生から「レーザーを用いれば化学反応がみえる」という話を聞き、「私もみたい!」「おもしろそう!」と、それまでとは全く違うレーザー化学の分野に飛び込みました。