pHと酸解離定数pKaの関係(バッファーの基礎知識)

👣 1 代表的な緩衝液 緩衝液を調節するには、目的とするpHに最も近いpKaをもつ弱酸または弱塩基を選択する。 38 アシデミア• アシデミアでは分母は上がらなくてはいけないので、こっちは代償性反応と考えることができます。

17

アシドーシスとアルカローシス

✔ ポー、ヘンリー・N; Senozan、NM(2001)。 水はほぼ全ての塩を溶解し、解離した陽イオンと陰イオンを水和して安定化する役割をもち、生体反応の基盤を作る極性溶媒です。

1

アシドーシスとアルカローシス

♨ 緩衝液の pH は、Henderson-Hasselbalch (ヘンダーソン-ハッセルバルヒ)の式 により算出することができます。 200 mLのビーカーに0. なお不揮発性酸性物質とは呼吸によって排泄されない酸のことである。

19

ヘンダーソン・ハッセルバルヒの式

💔 ご想像にお任せします。

19

2) 緩衝作用

⚠ リン酸 H 3PO 4 は次の 3 段階の電離をします。 化合物の分子形とイオン形の割合は、医薬品の安定性、薬物の生体膜透過性などに大きな影響を与えます。 AG増加性代謝性アシドーシス [ ] AGの増加は不揮発酸の蓄積を示す。

『ヘンダーソン・ハッセルバルヒの式』

💙 この溶液に酸を加えた場合、加えられた水素イオンは酢酸イオンと反応して酢酸となり、平衡は左方向へ移動します。

20

ヘンダーソン・ハッセルバルヒの式

🤗 尿が弱酸性でpH6. 不足しているものを補うには、末梢静脈栄養と中心静脈栄養があります。 これと手元のデータブックなどとを比較してみると、 酢酸については少し小さめ、トリスについては少し大きめの値になっていることがわかります。

9