彼はソ連のスパイだったのか?「昭和の怪物」瀬島龍三の正体(週刊現代)

🖐 瀬島 それが人間なんですよ。

19

人物往来 瀬島龍三さん 山元学校 150425

😔 1935年に陸軍将校だった龍三と結婚。 常務、専務、副社長、副会長を経て53年会長。

18

メンバーズ・エッセー

😝 その内容の例としては、ソ連側は1943年(昭和18年)以前の関東軍の攻勢計画に日本の意図があると解釈したが、作戦計画はの際の用兵作戦計画に過ぎず、天皇が関わる政策決定とは全く異なるという説明があり、その旨実際に証言を行っている。 文隆氏は同囚の日本人捕虜が病気で弱っていると、自分の乏しい食事を分け与えるような立派な人であった。

14

瀬島龍三とは

🤞 1936年陸軍大学校入学、1938年卒業したが、在学中に歩兵大尉に昇進。 このたび立派に結婚することができ、自分もも大変喜んでいる。 関わった主な記事は、江川紹子との坂本弁護士失踪事件追及、野坂参三密告の手紙、少年Aこの子を生んで、ジャニーズ追及キャンペーン、田中真紀子秘書給与疑惑、村木厚子独占手記、田中角栄の恋文、尾崎豊の遺書など多数。

9

元大本営参謀・瀬島龍三の太平洋戦争

🤘 このように常に物事を整理し、客観的に把握する習慣がついていたからこそ、政治家に信頼されるまでの人物となりえたのではないでしょうか。

10

元大本営参謀・瀬島龍三の太平洋戦争

💔 そうなると、あとは祈るしか手はないわけです。

15