レクチェ日記

😋 でも、餡子と合うのか?大福にして美味しいのか?を見極めたいと仰っていました。

19

レクチェ日記

💓 歴史を聞くと、明治のころにヨーロッパ原産の洋梨をロシアを経由してこの新潟に入ってきたとのこと。 自然の流れにはかないません。 今回のパフェは、届いたル・レクチェをしばらく追熟させる必要があるため、12月に入ってからのメニューとなりました。

8

やまけんの出張食い倒れ日記:洋なしル・レクチェは美味しいか?

🙂 ヤマヨさんでは現在約4万個ほどのル・レクチェを作っている。

6

【ル・レクチェ】新潟の幻の洋梨が届いたから、生ハムと一緒に食べたら美味しすぎた話

😋 間にはさむのは、フレッシュのル・レクチェ。

レクチェ大福

🙌 この段階ではまだ、特有の芳醇な香りは出ていない。 万一発送中の破損、不良品、あるいはご注文と違う商品が届いた場合はお取り換えさせていただきます。 収穫後に追熟の時間をしっかりとることで果肉がメルティング質(マンゴーや桃のようなトロッとした果肉)に変化するのだという。

5

プレジールの冬のパフェ 洋梨(ル・レクチェ)のパフェ『カシュカシュポワール』は本日まで

😜 あと一口、次の一口でわかるかも。 美味しかったら続報したいと思う。 ル・レクチェは芳醇な香りが特徴で 立ち姿も美しい為 「西洋梨の貴婦人」と呼ばれ お歳暮時期にあたる歳末商戦には 高価な贈り物として全国に珍重されています。

11